【全国書道買取舎】中国美術 唐硯 草木文彫刻

全国書道買取舎さんで中国美術 唐硯 草木文彫刻の買取がありました。

硯の歴史は古く、古代中国では既に陶器製の硯が用いられていましたが、現代で一般的に見られる石製の硯は六朝時代(222年 – 589年)の終わり頃に登場しました。

唐代には石硯は高級品とされ、宋代に入ると安価なものも含め石硯が占めて現代に至るようになりました。

産地、材質、形式、彫刻の模様などにより様々な種類の硯がありますが、中でも端渓硯(たんけいけん)、歙州硯(きゅうじゅうけん)、洮河緑石硯(とうがろくせきけん)、澄泥硯(ちょうでいけん)が有名で中国の良硯の四宝といわれています。

本品は草木文の彫刻が見事な中国の硯です。

書道具の買い取りならぜひ全国書道買取舎さんへ!

https://koshodou.com/

【リサイクル王】村上堆朱の菓子鉢

リサイクル王さんで村上堆朱の菓子鉢の買取がありました。

堆朱(ついしゅ)は、中国から伝来した漆器の技法である彫漆の一種です。
彫漆とは素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に表す技法ですが
日本では表面が朱であるものを「堆朱」、黒であるものを「堆黒」と呼びます。中国では剔紅と呼ばれ宋以降盛行しました。

こちらは無形文化財にも指定されている大変貴重なお品です。

骨董品やアンティーク、茶道具の買取ならリサイクル王がおすすめです!

http://www.recycleou.com/

あなたの街のお宝をご紹介します!

みなさんのお宅にお宝は眠っていないですか?
最近では遺品整理や片付けの際に価値のある品が捨てられてしまうことも…。

どのようなものが高額査定されているのか、また買い取ってもらえるのか、
そのような知識を得ておくことも損をしないための第一歩です。

私は小さい頃から書道を習っており、10年ほど前から骨董やアンティーク品を集める骨董マニアです。
休日には骨董市に出かけることも…
また、骨董や書道具を買い取っている買取業者さんの買取実例を見てはその品物に驚くこともしばしば。

骨董や書道具が好きなお宝マニアの私が、買取業者の実例から、
これは価値のあるお宝だ!というものをご紹介します。
ぜひこのサイトで、買取に悩んでいる方の背中を押せたり、
骨董品や書道具が好きな方の情報の場となれたら幸いです。